酒石酸カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2016年10月15日 (土) 10:17; Tekeonin (会話 | 投稿記録) による版 (en:Potassium tartrate oldid=648634689を参考に作成)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
酒石酸カリウム
識別情報
CAS登録番号 921-53-9 (L) ×
PubChem 8984
ChemSpider 2697916 チェック
特性
化学式 C4H4K2O6
モル質量 226.268 g/mol
外観 colorless, slightly opaque crystals
密度 1.984 g/cm3
溶解度 水に可溶、アルコールに不溶
屈折率 (nD) 1.550
構造
結晶構造 単斜晶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

酒石酸カリウム: Potassium tartrate、dipotassium tartrate、argol、略称:DKT)とは、化学式:K2C4H4O6で表される酒石酸カリウムである。しばしば酒石、酒石英(cream of tartar)として知られる酒石酸水素カリウムと間違われる。食品添加物pH調整剤)として利用され、E番号は酒石酸水素カリウムと同じE336である。圧電素子として利用される[1]

関連項目[編集]

出典[編集]