賦役黄冊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。106.132.201.141 (会話) による 2021年3月3日 (水) 11:50個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

賦役 黄冊(ぶえき こうさつ)は、[1]朱元璋(洪武帝)[2]が定めた農村戸籍台帳兼租税台帳

概念

  • 戸籍台帳……人の身分関係(親子であること、婚姻していること、亡くなったことなど)を記載した帳票のこと。
  • 租税台帳……押収した税を記載した帳票のこと。

概要

  • 1381年に太祖洪武帝(朱元璋)が農村を復活させ、租税基盤を確立しようとし、戸籍台帳兼租税台帳として全国一斉に賦役黄冊を作成させた。目的は流民を戸籍に登録し、租税を負担させることだった。表紙が黄色だったので、「賦役黄冊」と呼ばれていた。
  • 「賦」は農作物現物納を意味し、「役」は労働負担を意味する。

脚注

  1. ^ 」『Wikipedia』2021年2月25日。
  2. ^ 光武帝」『Wikipedia』2021年1月7日。