議院事務局法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Customsprofesser (会話 | 投稿記録) による 2019年7月22日 (月) 03:33個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (e-Gov法令検索のURL変更による修正。種類をテンプレートに従い修正。)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
議院事務局法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和22年4月30日法律第83号
種類 憲法
効力 現行法
主な内容 議院事務局の職員、組織等
関連法令 国会法議院法制局法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

議院事務局法(ぎいんじむきょくほう、昭和22年4月30日法律第83号)は、衆議院及び参議院に附置される事務局について規定した法律である。

概要

  • 衆議院及び参議院に対して事務局、調査局を設置するとともに、その職員たる調査員並びに衛視の設置について定めている。

構成

  • 本文23条と附則で構成される。

関連項目