警察医

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。財津真士 (会話 | 投稿記録) による 2019年10月30日 (水) 08:55個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

警察医(けいさつい)とは、警察に所属して医療業務や検屍などに従事する医師[1]

概要

警察医とは、警察捜査に協力する医師のことで、主に検案して死因不明の遺体を調べ死因を医学的に判断する業務を行う。死因を確認して異状が認められない場合は、死体検案書を作成する[2]

警察医は、通常時は警察署に常駐しているわけではなく、非常勤となる地方公務員である。警察署が置かれている地域で、内科または外科を専門とする医師の中から選ばれている。警察医は、異状死の判断を行うほか、留置所に留置された容疑者の健康診断なども行う[2]

ただ、本来的な業務は留置所に留置された容疑者の診療と警察職員の健康管理であり、死体検案は本来的な業務ではない。警察医は、監察医とは異なり法医学の知識も格別必要とされているわけではない。そのため、死体検案に不慣れな警察医も少なくないようである[3]

脚注

  1. ^ 精選版 日本国語大辞典 コトバンク.2019年3月28日閲覧。
  2. ^ a b 警察医と監察医制度【ホームメイト・リサーチ - パブリネット】 - 警察署
  3. ^ 我 が 国 の 検 死 制 度 ―現 状 と 課 題― 中 根 憲 一