講堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。2402:6b00:7469:5600:942f:1402:919b:3052 (会話) による 2020年8月9日 (日) 06:45個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

講堂 (こうどう、かうだう)

  • 仏教寺院の建物の一。僧侶が経典の講義や説教をする堂(建物)のこと。通常 金堂の後ろに建てられる。尚、禅宗寺院では主に「法堂」が用いられ、その他の宗派では講堂と呼ばれることが多い。釈迦在世の講堂としては、鹿子母講堂(ろくしも)や、重閣講堂(じゅうかく、天竺五精舎の一つ)などが有名。
  • 学校などにおいて、式典等を行ったり講演や講義などを行ったりする建物もしくは広間のこと。学校の講堂は体育館などと兼用となっていることも多い。また、大学などで通常の授業を行う建物の一部に部屋として設置されている場合は、講義室・大教室などと呼ばれることがある。

関連項目