解元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。海衛士 (会話 | 投稿記録) による 2017年11月30日 (木) 05:15個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

解元(かいげん、満州語:bonggo tukiyesi)とは中国科挙の一つ郷試の成績第1位の名称。宋代以前は解頭と称していた。

代になると科挙は郷試、会試殿試の三段階が設けられ、それぞれ成績第1位を解元、会元状元と称していた。これら全てを獲得した進士連中三元或いは三元及第と称された。