英語青年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。あいさんさん (会話 | 投稿記録) による 2020年11月10日 (火) 09:44個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎外部リンク)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
英語青年 
学術分野 英語・英米文学
言語 日本語
編集者 星野龍
詳細
出版社 研究社
出版国 日本
出版歴 1898年 - 2009年
出版間隔 月刊
オープンアクセス 2009年 - 2013年(web英語青年)
分類
ISSN ( - 2009年)
0287-2706
外部リンク
プロジェクト:出版Portal:書物
テンプレートを表示

英語青年』(えいごせいねん)は、研究社が発行していた、主に英語英米文学の研究者向けの月刊誌。 1898年創刊、2009年休刊。休刊後は、『研究社 - web英語青年』としてウエブページに引き継がれたが、2013年3月でウエブページも終了となった。

英語独学の専門誌としてスタートし、第二次世界大戦中も発行を続けた。主に英語英米文学の研究者を対象とした論説・随想、海外学界の動向報告、英訳・和訳の指導、洋書・和書の書評、国内学界のニュースなどの記事が主であった。

評価

大学の英語・英文学研究室の大半が、これを購読し、「英語青年」に自らの論文が載ることが「研究者」としてのステイタスとされた[1]

休刊へ

実売部数が3000部程度にまで落ち込んでいたことなどから、2009年3月号をもって印刷物による出版形式を休止し、2013年3月でウエブページも終了した。

関連項目

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク