舌鼓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。長澤功 (会話 | 投稿記録) による 2020年10月29日 (木) 02:42個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎外部リンク)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
舌鼓

名菓舌鼓(めいかしたつづみ)は山口県山口市の山陰堂で作られている菓子和菓子)である。ういろうと共に、山口市を代表する土産菓子である。

概要 

白餡羽二重餅求肥)で包んである。大きさは毬寿司程度。

山陰堂の初代は、元津和野藩士だったが、明治維新で職を失い、山口で菓子店を始めたと言う。その後、山口市出身で総理大臣となった寺内正毅がこの舌鼓を気に入り、山口土産としてその名を広めたと言う。

舌鼓の名称は初代と親交のあった(過去に山陰堂の前に存在した)旧家(小林家)の主人が提案したといわれている。

脚注


関連項目

外部リンク