腋窩神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。SeitenBot (会話 | 投稿記録) による 2021年2月28日 (日) 07:21個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (Botによる: {{Normdaten}}を追加)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
神経: 腋窩神経
Gray818.png
The suprascapular, axillary, and radial nerves
ラテン語 nervus axillaris
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起始
分岐
テンプレートを表示

腋窩神経(えきかしんけい)は腕神経叢から出る上腕部に走行する末梢神経で、上肢の背側を走行し、上腕部で、停止する。主な神経支配筋肉は、三角筋で、上腕の伸展運動を司っている。上外側上腕皮神経に分枝する。

主にC5、C6に由来する。上腕骨近位端骨折の80%を占める上腕骨頸部骨折の合併症として腋窩神経障害が挙げられる。

支配筋

関連項目