脾臓摘出術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年7月16日 (木) 00:29; 肝腎要 (会話 | 投稿記録) による版 (→‎脚注)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

脾臓摘出術(ひぞうてきしゅつじゅつ、Splenectomy)とは、脾臓を摘出する手術のこと。

歴史[編集]

適応[編集]

脾臓摘出術が選択される場合は以下の通り。

胃癌
  • 多臓器摘出による影響
膵臓尾部の摘出[1]
  • 血液疾患
特発性血小板減少性紫斑病(ITP)[2]遺伝性球状赤血球症ポルフィリン症
  • 損傷
外傷・術中合併症

術後[編集]

脾臓摘出による影響は日常生活においてはほとんどないが、稀に細菌感染症の重症化を生じる危険性もあり、肺炎球菌ワクチンの接種等を勧められることも多い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 膵体尾部切除術”. 東京医科歯科大学 肝胆膵総合外科. 2014年2月2日閲覧。
  2. ^ 脾臓摘出術”. グラクソ・スミスクライン株式会社. 2014年2月2日閲覧。