胸骨舌骨筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。SeitenBot (会話 | 投稿記録) による 2021年2月28日 (日) 07:18個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (Botによる: {{Normdaten}}を追加)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
胸骨舌骨筋
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 頚神経ワナ
部位
体幹筋
頚部の筋
前頚筋
舌骨筋
舌骨下筋
ラテン名
m. sternohyoideus
英名
sternohyoid muscle

胸骨舌骨筋(きょうこつぜっこつきん)は頚部の筋肉のうち、舌骨の体部下縁から頚正中部を上下に走る筋肉である。舌骨を下方に引く作用を持つ。

胸骨舌骨筋の起始は胸骨柄、胸鎖関節、第一肋軟骨後面から起こり、舌骨の体部下縁に停止する。

参考文献

関連項目

外部リンク