聖ゲオルギウス十字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。月下薄氷 (会話 | 投稿記録) による 2020年7月22日 (水) 03:30個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (カテゴリ追加)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
セント・ジョージ・クロス(イングランドの国旗

聖ゲオルギウス十字(せいゲオルギウスじゅうじ)は白地に赤い十字聖ゲオルギオスの伝説にちなむものである。英語読みでセント・ジョージズ・クロスSaint George's Cross)とも呼ばれ、イングランドの国旗などに用いられている。赤色はゲオルギオスの血を意味する。

概要

聖ゲオルギオスの伝説は、ヨーロッパ一円に広まっており、各地でそれを元にした紋章が見られる。また、イギリスの影響を受けた旧植民地における紋章にも一部が組み込まれている場合がある。

イングランドの国旗は、13世紀に成立したものとされているが、その後イングランドがスコットランドアイルランドなどと合併したことに伴い、ユニオン・フラッグの一部となった。

南コーカサスにあるジョージア(グルジア)の国旗は、聖ゲオルギウス十字エルサレム十字の組み合わせとなっている。

外部リンク