粛王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。42.98.217.140 (会話) による 2020年8月9日 (日) 13:15個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
粛王 熊臧
王朝
在位期間 前380年 - 前370年
都城
姓・諱 熊臧
生年 不詳
没年 前370年
悼王

粛王(しゅくおう、? - 紀元前370年)は、中国戦国時代の王。悼王の子。

紀元前381年、悼王が死去すると、後を嗣いで楚王となった。即位直後、呉起を殺害して悼王の遺体を傷つけた貴族70家あまりを逮捕して三族まで処刑した。

紀元前377年の攻撃を受けて、茲方を奪われた。このため捍関を建造して蜀に対する防備を固めた。

紀元前371年に魯陽を奪われた。紀元前370年、粛王は死去した。在位11年。

参考文献

  • 史記』楚世家、孫子呉起列伝
先代:
悼王
の王
第34代:前380年 - 前370年
次代:
宣王