竿竹商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。野良人 (会話 | 投稿記録) による 2020年1月28日 (火) 14:57個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (出典リンク切れ対処 (WP:DEADREF) http://www.aca.or.jp/sodan/sodan075.html)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

竿竹商法(さおだけしょうほう)とは、竿竹を積載した自動車で住宅地などを巡回し、客の求めに応じて竿竹を販売する商法。

概要

従来より、自動車で巡回販売しているため販売者について知ることができず、購入後に商品の不具合に気が付いても苦情を言ったり交換したりして貰えないなどの問題があった。また、客のほうから販売者を呼び止める形式のため、クーリングオフ制度が適用されず消費者保護の点での問題もある。近年では、安価な値段を提示し購入を呼びかけるものの、客が実際に声を掛けると法外な価格での購入を迫る恐喝まがいの事案が各地で多発するなど[1]、社会問題となっている。

出典

  1. ^ 最近の相談内容 : さおだけ屋から買ったさお”. 青森県消費生活センター. 2007年7月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月5日閲覧。

関連項目

外部リンク