出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2014年7月5日 (土) 10:28; Pekanpe (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

(ばく)は、10-12(1兆分の1)であることを示す漢字文化圏における小数単位である。の1/10、模糊の10倍に当たる。

朱世傑『算学啓蒙』(値が異なる)や程大位『算法統宗』に見えるが、現実には使われない。漢字一字で表記される単位としては最小のものである(「虚」と「空」、「清」と「浄」を別の単位とする場合はそちらの方が小さい)。

メートル法SI接頭辞では「ピコ(p)」に相当するが、現代の中国語では音訳の「皮()」が使われ、「漠」は使われない。

なお、漠という字は、「果てし無く広々としている様」「取り留めがなくはっきりしない様」という意味を持つ。

関連項目[編集]