準動詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Addbot (会話 | 投稿記録) による 2013年3月17日 (日) 07:13個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (ボット: 言語間リンク 12 件をウィキデータ上の d:q1050494 に転記)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

準動詞(じゅんどうし、verbal, verbid, non-finite verb)とは、ヨーロッパ言語の動詞活用形を起源として、人称によって変化せず、動詞としてしばしばを導くとともに、名詞形容詞副詞の働きをする特殊な品詞のことをいう。

概要

一般的には不定詞 (infinitive)、動名詞 (gerund)、分詞 (participle) が挙げられる。不定詞は、形容詞句、副詞句を導くことがあるが、基本的には動名詞とともに名詞としての働きが基本的で、分詞は、形容詞としての働きが基本である。

そのほか分詞に類するものとして、イタリア語ジェルンディオロシア語形動詞副動詞などがある。