出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Atibolirt (会話 | 投稿記録) による 2019年9月21日 (土) 13:16個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

(びょう)は、10-11(1000億分の1)であることを示す漢字文化圏における単位である。の1/10、の10倍に当たる。国際単位系では0.01ナノまたは10ピコに相当する。

謝察微『算経』や程大位『算法統宗』では「塵」までを大きな字で示し、「埃」以下は小さく記すのみである。現実には使われない。謝察微『算経』では「渺」までが載っている。『塵劫記』には見えない。

なお、渺という字は、「水面などが限りなく広がり、遥かに霞んでいる」という意味を持つ。

関連項目