気体レーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Onverwacht (会話 | 投稿記録) による 2020年3月27日 (金) 23:38個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (sty, xl)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

気体レーザー(英語: Gas laser、ガスレーザー)とは、レーザー媒質気体であるレーザーの総称。媒質気体によって、更に中性原子レーザー、イオンレーザー分子レーザーエキシマレーザー金属蒸気レーザーなどに区分できる。

概要

レーザーの原理上、実用化されているものは混合気体が使用されていることが多い。

1000本以上の波長発振線が知られている。 短波長での高出力動作、超短波長・遠赤外領域での発振に用いられることが多い。

特徴

単色性・指向性が固体レーザー等と比べて最も良い。

しきい値が低いため、励起エネルギー準位からの無輻射遷移が遅く、スペクトル幅が狭い。連続発振による出力が高く、瞬間出力は低い。大きなエネルギーをレーザー媒質に蓄えることができない。

発光中心の密度は基本的に小さい。例外はイオンレーザー。レーザーの発光中心が電荷をもっているため、外部磁場をかけて発光中心の密度を変化させることができる。

放電により電子励起することでレーザー発振させることが多い。

主な気体レーザー

外部リンク