横川吸虫症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Speal (会話 | 投稿記録) による 2017年9月3日 (日) 00:17個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (修正)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

横川吸虫症(よこがわきゅうちゅうしょう、: metagonimosis)とは横川吸虫Metagonimus yokogawai)寄生を原因とする寄生虫病。横川吸虫はヒトイヌネコネズミタヌキイタチトビなどを終宿主とし、多数寄生で下痢腹痛慢性胃炎粘血便を引き起こす。糞便材料よりMGL法、AMSIII法などの沈澱集卵法で虫卵を検出することにより診断する。治療にはプラジカンテルが有効。

参考文献

  • 今井壯一ほか編 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 4254460279