木の葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。清海潤一郎 (会話 | 投稿記録) による 2020年3月3日 (火) 12:33個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎概要: ウィキペディアに、「尋常小学唱歌」有り。修正。 前 尋常小学唱歌尋常小学唱歌)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

木の葉(このは)は、童謡の一つ。

概要

作詞者作曲者とともに不詳。初出は1911年(明治44年)5月「尋常小学唱歌(一)」

歌詞

1番
何処から来たのか 飛んで来た木の葉 くるくるまわって くもの巣にかかり 風に吹かれて ひらひらすれば くもは虫かと よって来る
2番
何処から来たのか 飛んで来た木の葉 ひらひら舞って来て 池の上におちて 波にゆられて ゆらゆらすれば 鯉はえさかと 浮いて来る