晩期資本主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Addbot (会話 | 投稿記録) による 2013年4月8日 (月) 18:19個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (ボット: 言語間リンク 3 件をウィキデータ上の d:q1423189 に転記)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

晩期資本主義(ばんきしほんししゅぎ、 late capitalism、 Spätkapitalismus)とは、経済学社会学によって論じられる資本主義の段階の一つ。後期資本主義とも呼ばれる。

概要

レーニンは『帝国主義論』で帝国主義を資本主義の最高段階と位置づけた。しかし、これに反対する者は資本主義の最高段階を晩期資本主義と呼び、これと区別した。

この語はヴェルナー・ゾンバルトによる概念であり、ユルゲン・ハーバーマスによって引き継がれた。『晩期資本主義における正統化の諸問題』によって晩期資本主義の政治が直面する問題(資本主義の正当化の危機)を論じている。

文献

関連項目