文の成分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。240f:111:d94f:1:c9f:1aa8:23f6:24e4 (会話) による 2020年6月19日 (金) 06:21個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

文の成分、または文要素(sentence element)とは、またはにおける各語句の、機能的な分類。品詞と共に、文法の説明においてよく用いられる。奥田靖雄鈴木重幸らは文の部分と呼んでいる。

各成分・要素は、通常「~語」という呼称になるが、複数の語をまとめて指す場合は「~部」と呼ぶことが多い。

言語や論者により、分類法や意味が若干異なる。

一覧

関連項目