政所茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Lunat9235 (会話 | 投稿記録) による 2018年5月20日 (日) 11:04個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (Infobox tea)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
政所茶
Mandokoro Higashiomi 20150512a.JPG
種類 日本茶

起源 滋賀県東近江市政所町周辺


政所町の山あいにある茶畑

政所茶(まんどころちゃ)は、滋賀県東近江市政所町周辺で栽培されている日本茶。政所町は滋賀県東部の鈴鹿山脈中に位置する。

歴史

永源寺こんにゃくと並び歴史は古い。室町時代永源寺五世管長の越渓秀格禅師が、この地の水質・地質が茶の栽培に適していることを見つけ、村人に栽培を奨励したことに始まる[1]。茶摘み歌でも「宇治は茶所、茶は政所…」と歌われ、宇治茶と並ぶ茶どころとしてその名を全国的に知られた[1]本居宣長の著書『玉勝間』には「政所人ども夏は茶を多くつくりて出羽の秋田に出し、ここでもお茶が秋田へくだる…」と記され、東北の地にまで浸透していたことがうかがえる。朝廷彦根藩にも献上されていた。

太平洋戦争終戦後は村人の集落離散や少子高齢化によって、政所茶の生産量は減少の一途をたどり、現在では30軒ほどの農家で生産される希少な茶となっている。

特徴

寒暖のはっきりした場所で栽培され、かつ手摘みで収穫されているので、香りが良く、苦みの中にほのかな甘みがある。

脚注

  1. ^ a b 政所茶 東近江市

関連項目

  • 木地師(政所町周辺で茶業とともに盛んな伝統産業)

外部リンク