提喩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Family27390 (会話 | 投稿記録) による 2020年10月2日 (金) 16:06個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

提喩(ていゆ)は、修辞技法のひとつで、シネクドキsynecdoche)ともいう。

換喩の一種で、上位概念下位概念で、または逆に下位概念を上位概念で言い換えることをいう。

概要

具体的には

  • あるカテゴリと、それに含まれる個別要素
  • 全体と、その一部分
  • 物体と、その材料

などの関係に基づいて言い換えを行う。

  • 「石」:文脈により、半導体素子や、宝石類などを指す。
  • 「本(ホン)」は演劇関係者の間でシナリオを意味する。
  • 「笛(ふえ)」は音楽関係者(特にオーケストラ)の間ではフルートを意味する。同じく「ラッパ」はトランペットである。
  • 「人はパンのみに生くるにあらず」:「パン」は「食べ物」、あるいは広く「物質的充足」の意味で用いられる。

提喩も含めて、概念的な関係・類似性に基づいた言い換えを、換喩という。

関連項目