成層圏界面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2019年4月12日 (金) 07:33; 野良人 (会話 | 投稿記録) による版 (WP:WAVEDASH)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

成層圏界面(せいそうけんかいめん、: stratopause)は、地球の大気圏内にある成層圏中間圏の境界領域である。成層圏ではオゾンによる紫外線の吸収により、高度と共に温度が上昇し、成層圏界面で最高温度に達する。中間圏ではオゾンによる加熱が少なくなり、他に大きな熱源もないため、温度は高度と共に減少する。

これは地球だけでなく、大気圏の途中に熱源のある他の惑星でも起こる。

地球では、地表から50 - 55kmの高さに成層圏界面があり、気圧海面での約1/1000である。

関連項目[編集]