悪性カタル熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2013年4月16日 (火) 11:14; EmausBot (会話 | 投稿記録) による版 (ボット: 言語間リンク 4 件をウィキデータ上の d:Q552330 に転記)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

悪性カタル熱(あくせいカタルねつ、英:malignant catarrhal fever)とはウシカモシカ由来型悪性カタル熱ウイルス(WD-MCFV)あるいは羊随伴型悪性カタル熱ウイルス(SA-MCFV)感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はウシスイギュウヤギ。WD-MCFVおよびSA-MCFVはヘルペスウイルス科DNAウイルス。ウシでの症状は発熱、元気消失、体表リンパ節腫脹などの種々の症状を示す。治療法、ワクチンは確立されていない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747