応力緩和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。牛馬之門 (会話 | 投稿記録) による 2018年7月17日 (火) 20:22個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎脚注)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
粘弾性のマクスウェルモデル。ばね (E) とダッシュポット (η) を直列に並べたもので、応力緩和を表現する。

応力緩和(おうりょくかんわ)とは、粘弾性材料が一定の変位のもとで応力を時間とともに変化させる現象[1]

脚注

  1. ^ 渋谷陽二 『塑性の物理』 森北出版、2011年、55頁。ISBN 978-4-627-66761-7