小原仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2017年5月25日 (木) 04:56; 240f:67:af18:1:8d22:58ba:3d4f:e0b1 (会話) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

小原 仁(おばら ひとし、1944年 - )は、日本史学者、聖心女子大学名誉教授。

北海道生まれ。1967年北海道大学文学部史学科卒業。72年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。聖心女子大学文学部教授。2015年退任、名誉教授。専攻は古代~中世知識階層の思想と宗教[1]

著書[編集]

  • 『文人貴族の系譜』吉川弘文館 中世史研究選書 1987
  • 源信 往生極楽の教行は濁世末代の目足』ミネルヴァ書房 ミネルヴァ日本評伝選 2006
  • 『中世貴族社会と仏教』吉川弘文館 2007
  • 慶滋保胤』人物叢書・吉川弘文館 2016
  • 『源信』創元社 日本人のこころの言葉 2016

:編著

脚注[編集]

  1. ^ 『慶滋保胤』著者紹介