堀勝名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年2月8日 (月) 12:42; 松茸 (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀 勝名(ほり かつな、享保元年12月3日1717年1月15日)-寛政5年4月23日1793年6月1日))は、江戸時代中期の細川家家臣。通称の平太左衛門(へいたざえもん)でよく知られている。藩主細川重賢を補佐して熊本藩藩政改革宝暦改革)を推進した。

細川家用人堀勝行の子として生まれる。18歳で家督を継承して用人の地位と家禄500石を引き継いだ。宝暦2年(1752年)に同じ家臣である竹原惟親(勘十郎・玄路)の推挙によって大奉行に抜擢されて藩政改革の中心に立つ。反対派を抑えて6人の奉行に藩政の権限を集中させ、『刑法草書』の制定や藩校時習館医学校再春館 (学校)の設立、隠田の摘発による課税強化やなどの専売制の強化、財政支出の削減などを行った。財政再建の功によって宝暦6年(1756年)には中老明和2年(1765年)には家老に任命されて家禄を3,500石に加増された。

明治44年(1911年)、従四位を追贈された[1]

脚注[編集]

  1. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.29