名池町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年1月19日 (日) 14:31; 126.84.61.175 (会話) による版 (→‎脚注)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 山口県 > 下関市 > 名池町
名池町
Meichinoido.jpg
名池の井戸とその由来を説明した看板。なお、現在の地域区分上では田中町に属する。
名池町の位置(山口県内)
名池町
名池町
名池町
北緯33度57分31秒 東経130度56分16秒 / 北緯33.95861度 東経130.93778度 / 33.95861; 130.93778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Yamaguchi Prefecture.svg 山口県
市町村 Flag of Shimonoseki, Yamaguchi.svg 下関市
面積
 • 合計 0.090242 km2
人口
(2015年)[2]
 • 合計 329人
 • 密度 3,600人/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
750-0011
市外局番 083
ナンバープレート 下関

名池町(めいちちょう)は、山口県下関市にある地名。郵便番号は750-0011。当地域の人口は329人(平成27年国勢調査による。)。

地理[編集]

下関市の南部に位置する。北は上田中町、西は丸山町、南は観音崎町南部町、東は田中町に隣接する。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

空也が諸国を行脚する際に錫杖で池を掘った地であるため名池と呼ばれるようになった[3]

沿革[編集]

  • 1909年(明治42年)現在の名池小学校が名池尋常小学校として開校[4]
  • 1918年(大正6年)日随上人が本門仏立宗日薫寺を創建[4]
  • 1945年(昭和20年)火災により名池尋常小学校は全焼し廃校となる[4]
  • 1960年(昭和35年)名池小学校の新工事が完了[4]
  • 1966年(昭和41年)関後地村、南部町田中町から名池町を新設[3]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

町丁 番・番地 小学校 中学校
名池町 全域 下関市立名池小学校 下関市立名陵中学校

施設[編集]

  • 下関市立名池小学校[4]
  • 日薫寺[4]
  • 名池保育園[6]
  • 最上寺

脚注[編集]

  1. ^ 人口統計ラボ 山口県下関市名池町”. 2019年10月1日閲覧。
  2. ^ 国勢調査/平成27年国勢調査/小地域集計 - PDF
  3. ^ a b 角川日本地名大辞典編纂委員会、竹内理三『角川日本地名大辞典 35 山口県』角川春樹発行、1988年、829頁。
  4. ^ a b c d e f 下関市市史編集委員会『下関市史・終戦―現在』下関市発行、1989年、515、693頁。
  5. ^ 下関市立小・中学校の通学区域について(DL元) - PDF(2017年4月1日) 2019年10月1日閲覧。
  6. ^ 下関市 (2019年4月1日). “幼稚園・保育園・認定こども園の施設一覧(平成31年度)”. 2019年10月1日閲覧。