副読本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年9月7日 (月) 11:27; 126.236.87.253 (会話) による版 (→‎主な副読本)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

副読本(ふくどくほん)は、ある書物に対して二次的に参考にすることを目的に作られた書物のこと。サイドブック、サイドリーダーとも言う。

学校教育において使用される教科書は、文部科学省による学習指導要領に準拠しているかの教科書検定があり、この検定済みの教科書が教科の主たる教材として広く採択されるが、この補助となる用に作られた本を指す場合が多い。

市町村の予算で配布するものと保護者本人が購入するものがある。

主な副読本[編集]

関連項目[編集]