内藤政苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年1月12日 (火) 01:52; レバレバ (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
内藤政苗
Naito Masamitsu.jpg
内藤政苗
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛保元年5月19日1741年7月1日
死没 享和2年2月30日1802年4月2日
官位 従五位下丹波守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
上野安中藩主→三河挙母藩
氏族 内藤氏
父母 内藤政里脇坂安清の娘
兄弟 政陽政苗
正室朽木玄綱の娘・浄鏡院
政平今井好用室、神谷清俊養女、大久保忠陽継室
養子学文
テンプレートを表示

内藤 政苗(ないとう まさみつ)は、江戸時代中期の大名上野国安中藩の第3代藩主三河国挙母藩の初代藩主。官位従五位下丹波守。挙母藩内藤家5代。

略歴[編集]

安中藩2代藩主・内藤政里の次男として誕生。延享3年(1746年)、父の死去により跡を継ぐ。

寛延2年(1749年)2月6日、三河挙母に移封される。明和3年(1766年)、養子・学文徳川宗将の四男)に家督を譲って隠居し、享和2年(1802年)に62歳で死去した。

系譜[編集]