伊東倫厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Lifeonthetable (会話 | 投稿記録) による 2020年8月20日 (木) 05:07個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

伊東 倫厚(いとう ともあつ、1943年10月24日 - 2007年1月6日)は、日本の東洋学者。元北海道大学大学院文学研究科教授。専門は儒家思想経学

弁護士政治家伊東秀子は妻。

来歴

東京大学大学院博士課程中退後、東京大学助手となる。その後、北海道大学に移り、1974年から助教授、1990年教授。ほかに日本中国学会理事、全国漢文教育学会理事、社団法人北海道将棋連盟理事長などの要職を歴任した。

2007年1月6日午後0時55分膵臓癌のため死去。享年63。死後、正四位に叙され、瑞宝中綬章を授けられた。

著作

  • 孟子 その行動と思想』評論社 1973 東洋人の行動と思想
  • 伊藤仁斎伊藤東涯 叢書・日本の思想家』明徳出版社 1983

共編