ヤン・テューニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。37.228.129.49 (会話) による 2020年11月12日 (木) 11:11個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤン・テューニック

ヤン・テューニック(Jan Theuninck、1954年6月7日 - )は、ベルギーの画家で詩人。ベルギーのゾンネベーケの生まれではあるが、オランダ語のネイティブスピーカー。 彼は執筆活動はフランス語で、時には英語で執筆することもある。

彼の絵は抽象画で、ミニマリスムとモノクロの表現主義の間辺りに位置している。画家として影響を受けているのは、エルズワース・ケリーホアン・ミロである。

絵画と文学という2つのメディアを通しての彼の仕事は、 社会的、政治的な新年に貫かれており、テーマとしては、植民地主義、古くて新しいもの、大衆と社会、平和主義などを扱っている。

脚注

[脚注の使い方]

外部リンク