マニューバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年8月1日 (土) 02:38; Kto2038 (会話 | 投稿記録) による版 (→‎マニューバの種類: {{要曖昧さ回避}}貼り付け)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

マニューバ: maneuver: manoeuvreマヌーバとも)は、航空機機動、動き方のこと。主に固定翼機に対して用いられる。戦闘機同士の接近戦(ドッグファイト)手法や、アクロバット飛行の演目解説を行う際に用いる場合が多い。戦闘(特に格闘戦のそれが多い)機動を空中戦闘機動、ショー等の展示飛行等におけるものは曲技飛行、等とも呼ぶ。

軌道マヌーバランデブー・ピッチ・マニューバ等、宇宙開発関連の分野でも用いられ、バーニヤ等の噴射により、位置や姿勢の修正、高度保持・変更を行うことをいう。

マニューバの種類[編集]

ここでは航空機のマニューバについてのみ取り上げる。

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

関連項目[編集]

  • 撃墜 - 攻撃せずに墜落させるマニューバーキルという方法が存在する。