フルオロフォルペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2015年12月19日 (土) 04:44; 117.55.68.55 (会話) による版 (→‎参考文献)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
フルオロフォルペット
Fluor Folpet
Fluorofolpet.svg
IUPAC名2-(ジクロロ-フルオロメチル)スルファニルイソインドール-1,3-ジオン
別名プレベントールA3
分子式C9H4Cl2FNO2S
分子量280.10
CAS登録番号719-96-0
形状白色微粉末
融点142~146 °C
SMILESC1=CC=C2C(=C1)C(=O)N(C2=O)SC(F)(Cl)Cl
出典米国国立生物工学情報センター

フルオロフォルペットFluor Folpet)は、化学式C9H4Cl2FNO2Sで表される有機化合物。フォルペット塩素分子のうちの1つをフッ素に置き換えたものである。プレベントールA3の商品名で、主にプラスチック塗料防カビ剤として用いられる。

効果等[編集]

ほとんどのカビに対する最小発育阻止濃度は2~200ppmであり、防効果も併せ持つ。アセトンには可溶であるが、水に対する溶解性は1リットルあたり0.015gと低い。光や熱に対して安定しており、揮発性も低いので効果の持続性に優れる。ラットに経口投与した場合の半数致死量は2,900mg/kgである。原体は皮膚への刺激性があるが、通常の防カビ剤としての使用濃度では刺激性は生じない。

参考文献[編集]