フリードリッヒ・パッシェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Zazanasawa (会話 | 投稿記録) による 2018年3月19日 (月) 02:14個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (→‎注・出典)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
フリードリッヒ・パッシェン

フリードリッヒ・パッシェン(Louis Carl Heinrich Friedrich Paschen、1865年1月22日シュヴェリーン - 1947年2月25日ポツダム)はドイツ物理学者。1901年からテュービンゲン大学の教授を務めた。

業績

注・出典

  1. ^ Friedrich Paschen (1889). “Ueber die zum Funkenübergang in Luft, Wasserstoff und Kohlensäure bei verschiedenen Drucken erforderliche Potentialdifferenz”. Annalen der Physik 273 (5): 69–75. doi:10.1002/andp.18892730505. 
  2. ^ 1875.1nm 赤外線領域