パプアニューギニアの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。CommonsDelinker (会話 | 投稿記録) による 2019年5月27日 (月) 08:23個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (「German_new_guinea_flag.svg」 を 「Flag_of_German_New_Guinea.svg」 に差し替え(CommonsDelinkerによる。理由:File renamed: Criterion #4: Harmonizing names))であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
パプアニューギニアの国旗
パプアニューギニアの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府海上?
縦横比 3:4
制定日 1971年7月1日
使用色

パプアニューギニア国旗は、 1971年7月1日に制定された主にで斜めに塗り分けられた旗である。

赤地部分には国鳥であるアカカザリフウチョウのシルエットが描かれ、黒地部分には南十字星が描かれている。

赤と黒は長年パプアニューギニアの民族の伝統色であると同時に、赤・黒・の組み合わせはパプアニューギニアを1918年まで支配したドイツ帝国の旗の色である。このフウチョウはパプアニューギニアの国章にも描かれている。

歴史的な旗

関連項目