バルハシ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Yoshi Canopus (会話 | 投稿記録) による 2020年12月18日 (金) 19:30個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
バルハシ湖の衛星写真
バルハシ湖と流入河川

バルハシ湖カザフ語: Balqash Köliロシア語: Озеро Балхаш)は、カザフスタン東部にある中央アジア最大の湖であるカスピ海西アジアヨーロッパと境にあり、中央アジアの湖ではない)[要出典]

面積は16,996km2で、かつてはアラル海のほうが広かったが、アラル海の縮小・分裂により、バルハシ湖が中央アジア最大となった。アジアではバイカル湖に次ぎ2位、世界では14位。近年では流入量の減少、水質汚染が危惧されている。

長さ605km、最大幅74km。標高342m、貯水量122km3、平均水深5.8m、最大水深25.6m。湖の西半分は淡水だが、東半分は塩湖

流れ込む川はおもに南からで、湖の西部にイリ川、東部にアクス川レプサ川などがある。流れ出す川はなく、内陸湖である。11月~4月中旬の間は氷結する。

周辺にはバルハシサルイシャガンレプスイなどの町がある。