ハラー氏器官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Zazanasawa (会話 | 投稿記録) による 2016年11月10日 (木) 08:07個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

ハラー氏器官(ハラーしきかん、: Haller's organ)とはマダニに特有の器官。第1脚末節背面に存在し、昆虫類の触角に相当する機能を有する器官であり、化学的刺激や温度に反応する感覚器に役目を果たす。

関連項目

参考文献

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
  • 今井壯一ほか編 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 4254460279