ハム脾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年7月16日 (木) 00:24; 肝腎要 (会話 | 投稿記録) による版 (→‎参考文献)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハム脾(ハムひ、ham-like spleen)とは硬度に免役された血清馬、犬、猫、鶏などで認められる、赤脾髄や濾胞辺縁帯にアミロイドLタンパク質がび慢性の沈着した状態の脾臓。脾臓のアミロイド症で観察され、アミロイドの沈着に伴い、濾胞が腫大し、その割面は灰白顆粒状を呈する。脾洞を侵し、脾髄にまで及ぶ。白脾髄にアミロイドが沈着したものはサゴ脾と呼ばれる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学総論』 文永堂出版 1998年 ISBN 4830031832
  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学各論』 文永堂出版 1998年 ISBN 483003162X
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104