ナウシカアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。2400:4070:13a2:f400:cc15:72b4:adf:e98f (会話) による 2020年12月25日 (金) 16:08個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
オデュッセウスとナウシカアー

ナウシカアー古代ギリシア語: Ναυσικάα / Nausicaä ; 現代ギリシャ語: Ναυσικά)は、ギリシア叙事詩オデュッセイア』に登場するスケリア島の王女。父はパイアーケス王[1]アルキノオス、母はアーレーテー王妃。

概要

ホメーロス作『オデュッセイア』において、主人公オデュッセウストロイア戦争からの帰途、幾多の苦難の果てに故郷イタケーに帰り着く。その直前に立ち寄った島が、ナウシカアーの住むスケリア島英語版である。スケリア島は、現在のケルキラ島(コルフ島)であるといわれる。

一つ目巨人ポリュペーモスから逃れたオデュッセウスだったが、ポリュペーモスの父ポセイドーンの怒りに触れ、乗っていた筏は嵐に吹き飛ばされてしまう。オデュッセウスは、身に纏うものもひとつとしてない状態でスケリア島の海岸に漂着したところをナウシカアーに救われる。ナウシカアーはオデュッセウスを王宮に招き入れ、身だしなみを整えさせる。立派な姿となったオデュッセウスを見たアルキノオスは、オデュッセウスがこのままとどまり、ナウシカアーを妻としてくれればよいと考え、ナウシカアーもまたオデュッセウスに好意以上の気持ちを抱く。しかし、オデュッセウスがイタケーの王であり、かつ妻ペーネロペーが待つイタケーへ帰りたがっていることを知ったナウシカアーは、オデュッセウスを船に乗せ、イタケーへと送り出す。別れに際して、ナウシカアーは国へ帰ってもいつか自分のことを思い出して欲しいと告げる。

脚注

  1. ^ 日本では「パイアキア」とも表記される。

関連項目