ドーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Pica (会話 | 投稿記録) による 2020年12月1日 (火) 18:05個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (2013年5月3日 (金) 16:47時点における版に差し戻しのうえ、デフォルトソートを修正。リダイレクト先に内容が引き継がれていない。)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

ドーリ (Dori) は『ホビットの冒険』の作中に登場するドワーフ。エレボール遠征へ向かった13人のドワーフの一人。映画『ホビット』ではマーク・ハドロウが演じた。

詳細

ノーリオーリの兄。紫色の頭巾を被り、トーリンによれば遠征に向かったドワーフの中では一番力持ちである。ビルボを霧吹き山で担ぐなど、彼を助けるシーンが幾度か作中でみられる。

映画『ホビット』

白髪・白髭で至るところを結っており、髷のような髪型をしている。服の色の基調は濃い赤。13人の中では一番礼儀が正しく、ビルボの袋小路屋敷ではガンダルフに紅茶やワインを勧めている。弟のノーリやオーリをつねに気にかけている。いざ戦闘になると好戦的になり、武器はのような小刀と鎖分銅を使う。