トンガプレート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2014年10月7日 (火) 21:27; Smileplaza (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
トンガプレート

トンガプレート(Tonga Plate英語))は、南西太平洋のに位置する小規模な構造プレートである。その中心は南緯19度、東経173度近辺である。このプレートは北北東から南南西に向かって細長く、北ニュージーランドケルマデックプレートの北側と繋がっている。 またトンガプレートは東と北で太平洋プレート、北西でニウアフォプレート、西および南でインド・オーストラリアプレートと接している。プレートは、トンガ海溝に沿って、太平洋プレートに沈み込んでいる。活断層または拡大軸が、オーストラリアプレート並びにニウアフォプレートから、トンガプレートを西方に引き離している。トンガプレートは地震活動が非常に活発で、震源が時計回りに回っている。

2009年のサモアを襲った津波の際、同プレートは移動した。