ダイヤモンドテトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2015年11月22日 (日) 09:02; Vidalsasoon (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイヤモンドテトラ
Moenkhausia pittieri.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: カラシン目 Characiformes
: カラシン科 Characidae
: モンクホーシア属 Moenkhausia
: ダイヤモンドテトラ
M. pittieri
学名
Moenkhausia pittieri
Eigenmann, 1920
英名
Diamond tetra
ライティング違いの同種

ダイヤモンドテトラ(学名:Moenkhausia pittieri)は、カラシン科モンクホーシア属に属する小型カラシン

成長とともに体側の鱗の一部が光を反射して輝くことからこの名で呼ばれる。美しい熱帯魚。飼育魚として一般に流通するが性格はやや荒いとされ、混泳には注意を要する。

分布[編集]

ベネズエラに生息する。

特徴[編集]

オスは成長ととも背鰭が伸張し、オス同士が出会うと鰭を張広げるフィン・スプレッディングと呼ばれる威嚇を行う。 本種に限らず、モンクホーシア属のカラシンは水草を齧る傾向がある。

関連項目[編集]