セドヘプツロース-1,7-ビスリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2020年3月7日 (土) 13:40; とろ肉ハウス (会話 | 投稿記録) による版 (WP:LEADPARAGRAPH)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

セドヘプツロース-1,7-ビスリン酸(セドヘプツロース-1,7-ビスリンさん、英語: sedoheptulose-1,7-bisphosphate)とは、セドヘプツロースの1位と7位の炭素原子がリン酸化したセドヘプツロース分子のことであり、カルビン・ベンソン回路の代謝中間体として存在する。

解説[編集]

カルビン・ベンソン回路ではジヒドロキシアセトンリン酸エリトロース-4-リン酸の同化反応によって生成し、その後セドヘプツロース-1,7-ビスホスファターゼによって脱リン酸化を受けてセドヘプツロース-7-リン酸になる。解糖系のペントースリン酸経路にはセドヘプツロース-7-リン酸が生成するが、その後分解され、セドヘプツロース-1,7-ビスリン酸は生成しない。