スチルブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2017年4月5日 (水) 14:34; JapaneseA (会話 | 投稿記録) による版(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
スチルブ (stilb)
記号 sb
CGS単位系
輝度
定義 1 cm²の平面光源の光度がその平面と垂直な方向において1 cdであるとき、その方向における輝度
テンプレートを表示

スチルブ(stilb, 記号: sb)は、CGS単位系における輝度単位である。

1スチルブは、1平方センチメートルの平面光源の光度がその平面と垂直な方向において1カンデラであるときの、その方向における輝度(カンデラ毎平方センチメートル)と定義される。国際単位系(SI)における輝度の単位はカンデラ毎平方メートル(cd/m²)であるので、1 sb = 10-4 cd/m², 1 cd/m² = 104 sb となる。

スチルブという名称は、ギリシア語で「輝く」という意味のstilbeinに由来する。