ジギトニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2015年7月24日 (金) 14:10; にょきにょき (会話 | 投稿記録) による版 (66.183.207.158 (会話) による ID:56280493 の版を取り消し)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジギトニン
ジギトニン
識別情報
CAS登録番号 11024-24-1
KEGG C00765
特性
化学式 C56H92O29
モル質量 1229.31
外観 白色粉末
融点

230–240

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジギトニン (digitonin) とは、ジギタリスの一種、Digitalis purpurea に含まれる配糖体の一種。アグリコン部位はジギトゲニンで、5個の糖ユニットと結びついている。

脂溶性部位のステロイド構造と親水性部位の糖部位をあわせ持つことから、界面活性剤として脂質を効果的に水に溶かすことができる。その特徴を生かし、生化学の研究において生体膜に関する応用がなされる。たとえば、膜タンパクの可溶化や、コレステロールの沈降、細胞膜の透過化などといった処理に用いられる。