コストパフォーマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2021年1月29日 (金) 17:48; 126.171.44.12 (会話) による版 (→‎用例)(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

コストパフォーマンス英語: cost performance)とは、あるものが持つコスト(費用)とパフォーマンス(効果)を対比させた度合い。コスパCPと略されることもあるほか、費用対効果対費用効果ともいう[1][2]

建設コンサルタントや官公庁での会議や打ち合わせでは費用便益比、もしくはB/C(ビーバイシー、benefit by cost の略)とも呼ばれる。

数値を算出する場合は、効果を費用で割る。すなわち、支払う費用に対し得られる効果が高いほど、コストパフォーマンスが高い。

用例[編集]

  • コストパフォーマンスが高い、コストパフォーマンスが良い
  • コストパフォーマンスが低い、コストパフォーマンスが悪い

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]