クローン選択説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。Gragragrao (会話 | 投稿記録) による 2020年9月27日 (日) 23:37個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (クローン選択説でB細胞クローンが先天的に用意されているとの説明が誤っているため、修正しました。)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動

クローン選択説(-せんたくせつ、英:clonal selection theory)とは、1957年にBurnetが提唱した抗体の産生機構についての説。鋳型説に変わって登場した。 感染の事前に、あらゆる抗原に対して特異的に反応する抗体を産生するB細胞クローンが獲得的に存在し、抗原が体内に侵入すると特異的に反応するB細胞は急激に増殖し、抗体を産生する形質細胞へ成熟する、という考え方。 現在、この考えは基本的に正しいと考えられている。